富岡市 補聴器・めがねのカムイよい聴こえはご本人もご家族も助けます。
群馬県富岡市曽木239-3 いっちょう富岡店となり
電話 0274-67-1110 朝10時から夜7時まで 火曜定休
聴力測定用の防音室完備 リオネット補聴器取扱店
障害者総合支援法での補聴器購入(助成)もご相談を。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
補聴器ブログ再開!父の補聴器。 15:03
0

     

    大変ご無沙汰しておりましたm(__)m 補聴器ブログを再開いたします。さて、ワタクシの個人的なことですが生まれが北海道でして、先日お休みをいただき4年ぶりに帰省してきたんですよ。親類が集まって久しぶりにワイワイと楽しかったのですが、やはり気になったのは、私の父親とその世代の親類の聴力がガックリ下がっていたことです。測定したわけではないのですが、常識的な会話の中で聞き取れなかったり呼びかけに反応しなかったり聞き間違えたりとずいぶん心配になりました。

     

    私の父の場合、聞き取れなかったり聞き間違えたりするのは予想していましたが、横や後ろからの(やや大きな声での)呼びかけにも反応できないまで聴力が下がっていたというのは少々ショックでした。クルマで出掛けていた時にもたまたま救急車のサイレンが聞こえてきたので父に「今、救急車のサイレンが聞こえているけど、分かるかい?」と問いかけてみたら、かなり近づいてから「聞こえた」と言いました。クルマの運転もする父は自分でも「危ないよなぁ」と自覚しています。

     

    普段からやや大きめの声で近いところから話さないと理解されませんし、聞き返しも日常茶飯事でした。笑い話では済まされませんが、自分の衣類を洗濯しようと思い父に「洗濯機を使わせて」と頼んだら「ケンタッキー?」と聞き返されてこれはヤバイと思いましたね(笑) このような不便があって父から補聴器の相談を受けたわけです。実は父のほうから補聴器を使いたいと相談してきたところが重要です。

     

    父と2歳しか年の変わらない叔父も耳が遠いのですが、父と叔父では生活のスタイルがだいぶ違うのですね。父は今も仕事をしているので人前で話したり、話を聞いたりすることが毎日のようにあってそれゆえに不便を感じています。叔父は叔母とふたりで住んでいますが特に外に出るような仕事をするわけではないため、人の話を一生懸命聞く必要がないのです。必要性を感じている父はきっと補聴器を使っていけると思いますが、なにせ遠方です。とりあえず父に補聴器を提供して、操作を教えながら聞こえを補助してみたいと思います。


    ********************************
       補聴器・めがねのKamuy(カムイ)

      〒370-2315群馬県富岡市曽木239-3
        (いっちょう様となり)

      ナビ用住所:富岡市曽木244-1
        (矢野不動産様となり)

       TEL/FAX 0274−67−1110

        朝10時から夜7時まで 火曜定休

           聴力測定用の防音室完備

           リオネット補聴器取扱店 
           障害者総合支援法での

         補聴器購入(助成)もご相談を

      各種クレジットカード使えます!
    *********************************

    | 補聴器 | comments(0) | - | posted by kamuy-ha
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>